2014年4月30日水曜日

TVアニメ【極黒のブリュンヒルデ】第4話「失われた記憶」感想

大変申し訳ありません。
この連休、松本にいましてブログの更新ができませんでした。

さて、前話衝撃のラスト。寧子、いやクロネコが惨殺されてしまいました。
これは発狂ものです。良太はまたも最愛の人を失ってしまったのです。
しかし一発逆転がある!?


■ 時間を戻すんだ


前話で寧子は沙織に殺されてしまいました。
一体何が「まだ大丈夫だ」なのか。
それは沙織の第二の魔法、「時間の操作」。
沙織を背後から襲い、彼女の命と引き換えに寧子が死ぬ前の時間に巻き戻すことを要求。
これで寧子を救うことができます。

良太、沙織を刺すことにいっさいのためらいがありません。
しかも殺し方が実に手馴れています。
さすがクロネコ第一主義。

■ 大切なことを忘れてしまったような


結局沙織は生き残るために時間を戻してしまいました。
ハングアップしてしまったので良太たちに捕まってしまいます。

ここで面白いのが、時間が戻ったはいいが状況が変わってしまったので、寧子のホクロを見つけることができないという点。
ああ、なんという運命のイタズラ。

■ ハーネスト


Harnessed
馬具に繋がれた

Her nest
彼女の巣

このままでは沙織は奴らに殺されてしまう。
一発逆転、と素手で良太たちを殺そうとしますが無常にもビーコンが。
沙織はイジェクトされてしまいました。

そして何とも恐ろしい生き物が。
この不気味な生き物は一体。

良太はすごいね。
私には踏みつぶす勇気はないです。
普通沙織が溶けたところで吐きます。

尚、BD では湯気が消えます。

■ 間に合って


なんとカズミちゃんが薬の半分を分けて佳奈に延命!
いやあ良いコだね!痴女だけど。

佳奈「生きてた。二人とも殺される予知のままだったから」

ここで頭の良い良太は時間が巻き戻されたことに気づいたようです。さすが主人公。

良太「佳奈、今まで俺をさんざん変態扱いしてくれたな。お前のために命がけで薬を手に入れた俺に、何か言うことがあるんじゃないか」

佳奈「早く……薬を……」

良太「俺もいったん家に帰るよ」

寧子「村上クン……ありがと」

名前を呼ばれて大歓喜の良太。
いいから早く薬を飲ませろw

佳奈「く…薬……」ガクッ

■ 鎌倉


エルフェンだーっ!!
坂東さん!坂東さんは何処だ!?(違

海を見て胸が苦しくなる寧子。
寧子がクロネコではないと思いつつも、海を見せることができて良かったと思う良太。

よかったね。
ここで原作だと第一章完になります。


■ やはり天才か


アホの子と思われている寧子ですが、基本スペックは高い。
学校の授業にも徐々についていきます。
では何故、当初九九も知らなかったのか。

魔法を使うと代わりに失うもの……それは。

■ 信用できると思う人


唐突に良太に「何か」を渡す寧子。
研究所から逃げる際に預かったものです。

なんと、「宇宙人の受精卵」。
なんというものを……。

■ 殺すよ


その頃の佳奈とカズミちゃん。
こちらでも衝撃発言。

実は佳奈は動こうと思えば動ける?

彼女は魔法を得て全身不随になったのです。
では逆に考えると?

■ おっぱい代


わーい、りょーたおっぱいだいすきーっ!

サービスシーン。
カズミちゃんはサービスし過ぎ。

良太はいろいろいろいろ見たので、おっぱい代を支払うことになりました。
おっぱい代だけでいいんだ……。

そしてリトさん的な展開。

寧子「あっ」

今さらながらオッパイに夢中で寧子のホクロを確認できなかった良太でした。
いや、それが普通です。あなたは正しい。

尚、BD では白い光が消えます。

■ ああ、もちろんだ


ところ変わって研究所。
捕らえた魔女を尋問中。

さて、この美少女は助かるのか?

裏切り者と出来損ないの運命は古来より決まっていますが……。

■ 性器代


良太「お前のオッパイにそれだけの価値はない!( ー`дー´)キリッ」

こいつ真性の巨乳好きだな!!
私は男って正直なほうがいいと思いますけどね。そういう意味では好感が持てます。

もうカズミちゃんのネット上の評価が手に取るようにわかります。
痴女とか淫乱ピンクとか言われてるんでしょ?w

それにしても「性器代」……新しい言葉です。

■ 電源を入れるなら人がたくさんいて海外でも有名な街がいいです


非常に重要、いや恐ろしい物を託された良太。

木を隠すなら森の中。
発信する場合は人混みで。

抽象的な呼び方と考える辺り頭がいいね。

■ ここまでテンプレ


そしてカズミちゃん転校。
ドイツとのハーフで関西弁w
当然のことながら天文部に入部。

■ どうみてもゼ(ry


ああああああああ。やはり助からなかった。

そして遂に謎の人物が明らかに。
謎の男の名前は九(イチジク)。
魔女たちの研究期間の所長です。

そしてさらに怪しげな機関から命令を受けている様子。
彼らの目的は?実は未だによくわかりません。

■ 設定


カズミ「私ほんまにハーフだし。ドイツ語話せるし」

……ここのシーンはよく覚えておいていただきたいと思います。

■ 新入部員=第二の刺客?


九「既に次の手も打ってあります」

キタ━(゚∀゚)━!!
新入部員!?いやあからさまに怪しい転校生が!!
見えてる、見えてるよ!!!

AAクラス?いいえどうみてもFクラスです(違う

AAクラスならカズミちゃんだよねー。
……ごめん。

あと声ですが、これはこれでいいと思います。
ただどうしてもみくるのイメージがありますね。



さあ、あからさまに怪しい人物が転入してきました。
彼女の正体は一体!?
来週までいろいろ楽しんで考えて下さい。


(C) 岡本倫/集英社・「極黒のブリュンヒルデ」製作委員会

2 件のコメント:

  1. 岡本先生のツイートじゃ、光以外にも・・・・良太は、年相応の男の子だ。緊迫した状況でも脇を確認するあたり。
     高千穂黒ベールじゃないのとするなら、岡本先生、高千穂のデザインをスタッフに渡したんでしょうね。        風流

    返信削除
  2. > 風流さん

    遅くなりました。書き込み誠にありがとうございます。

    良太は大変素直でいいと思います。
    寧子に対しても然り、自分の欲望に関しても然り。

    高千穂に関してですが、原作者がアニメスタッフと話し合うことはよくあることなので、その辺りは気にしないでいいと思います。

    返信削除